おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スタイリッシュ・キッズ 鷺沢萌
2012年10月08日 (月) | 編集 |
評価☆

「スタイリッシュ・キッズ」
鷺沢萌 著

河出文庫




【スタイリッシュ・キッズの紹介】

1987年の夏、久志は大学1年生でした。
友人に呼び出された自由が丘の店で、久志は理恵と出会います。

2人は素敵でカッコ良い日々を紡ぎあげていこうとします。
久志が大学3年になり、変わり始めるまでの2年間の物語です。


【スタイリッシュ・キッズの感想】

十代が終わることに焦燥感をおぼえ、社会に出るカウントダウンに駆り立てられる…
時代にかかわらず、そんな不安定な時間を過ごした人は少なくないと思います。
スタイリッシュ・キッズは、あの頃の気持ちを思い出させ、心をギュッと締め付ける小説です。

舞台になるには、1980年代後半の東京。
若いカップルの久志と理恵が主人公。

今までは自由なスタイルの生き方が許された彼らも、やがて社会の波に飲み込まれてしまいます。
抗っても、毎日少しずつ終焉に向かうスピードは速くなっていきます。
自由で楽しいようで、苦しくて何かに縛られていた…

当時の流行りの音楽を聴くと胸が苦しくなるような感覚をもっていますか?
この小説は、あの時代の感覚を思い出させる毒薬なのかもしれません。



⇒楽天ブックスのスタイリッシュ・キッズのページリンク








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック