おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


挽歌  原田康子
2012年08月14日 (火) | 編集 |
評価△

「挽歌」
原田康子 著

新潮文庫




【挽歌の紹介】

主人公の玲子は、病気のために女学生を退学し、劇団活動に参加しています。
玲子は、自由奔放で素直に気持ちをあらわせない性格です。

ある日、犬と女の子を連れた桂木という中年男性に出会います。
玲子は妻子ある桂木のことが気になり、彼との接触を試みていきます。
次第に桂木に惹かれていきます。

北海道釧路の地で、玲子と桂木の不倫を軸に、物語は予期せね事態へと展開していきます。


【挽歌の感想】

今から50年以上前に発表された作品です。
時代背景は、戦後間もなくという復興期です。

私にとって、古い小説は、あまり気軽に読めるものではなく、かなりの労力を要するものです。
しかも、普段は読まないジャンルの小説です。
知人に面白いと紹介されなければ、決して手に取ることはなかったはずです。

「途中までは面白くないから」と聞いていましたので、最後まで読むことを決めてからページをめくりました。
確かに、はじめのうちは、やや退屈しながら読んでいたと思います。
投げ出さずに読み続けていくうちに、戦後の釧路に暮らす主人公・玲子の姿が鮮明に想像できるようになりました。
そうなると、物語に引き込まれていきます。

玲子は真っ直ぐには桂木を追い求めません。
自分の感情に叛いたり、穏やかな湖にあえて石を投げ入れるような余計な行動もします。
そこにドキドキハラハラさせられるのです。

50年以上も人々に愛されてきたのにも納得です。
できれば、寒い冬の夜に暖かい部屋で読みたい小説です。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。