おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告白  湊かなえ
2012年06月24日 (日) | 編集 |
評価☆

「告白」
湊 かなえ 著

双葉文庫


第6回本屋大賞受賞作


【告白の紹介】

中学校の女性教師・森口の娘が学校で亡くなりました。
警察の発表は事故死。
悲しみに暮れる森口は、中学校教師を辞めることにしました。

最後のホームルームで、森口は教え子たちに衝撃的な事実を告白しました。
「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです。」

森口の告白に続き、犯人の少年やクラスメイトからの告白により、事件の真相が明らかになっていきます。
そして、事態はさらに進展していくのです。


【告白の感想】

物語は、女性教師・森口の告白からはじまります。
改行が少なくて読み辛いのが難点ですが、教師らしからぬ言動の数々に惹きつけられます。

森口はクラスメイトに殺人の事実を告げながらも、警察には通報しないと言います。
ただ、ホームルームで公開しておいて、外部にバレないというのは、ちょっと現実的ではないかな、と思ってしまいます。
そんな、違和感を差し引いても、グイグイと物語に引き込まれていきます。

犯人の正体は、冒頭で明らかになっています。
殺人の方法も前半で明らかになります。
それでも、読者を引き離さない強烈な力のある小説です。

読んでいる最中、自分自身でも脈拍が高くなっているのが分かりました。
さすが、本屋大賞を受賞して映画化されただけのことはあります。

残念なのは、「こんなに都合良いことないよな」と思う箇所も複数あることです。
リアリティーがなくなったり、突っ込みながら読み進めてしまうのは、少し興醒めします。
まあ、小説なので、仕方のないことですが。

ラストシーンには意外性があり、最後の1ページまで楽しめるミステリー小説です。



【映画版 告白】



出演:松たか子/岡田将生/木村佳乃
監督:中島哲也
脚本:中島哲也



楽天BOOKSで「告白」の他の読者の感想を読む

アマゾンで「告白」の他の読者の感想を読む







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。