おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
陽だまりの彼女   越谷オサム
2012年03月18日 (日) | 編集 |
評価△

「陽だまりの彼女」
越谷 オサム 著

新潮文庫




【陽だまりの彼女の紹介】

浩介は十数年振りに中学校の同級生だった真緒と再会します。
真緒は中学時代にいじめられていた過去があります。
勉強が全くできず、集団生活にも馴染めなかったのが原因です。
浩介は真緒と親しかったために、不遇の中学時代を過ごすハメになったのです。

ところが、再会した真緒は、美しく、仕事も出来る魅力的な女性に変貌していました。
その日から、二人の距離は、歳月を取り戻していくのですが…


【陽だまりの彼女の感想】

なんとなく立ち寄った書店に山積みされていたのが、「陽だまりの彼女」でした。
気になったのは、タイトルでもカバーでもなく、ポップでした。
「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」
一体、どんな小説なんだろう?とポップの罠にはまり、購入してしまいました。

前半は純粋な恋愛小説として楽しむことが出来ます。
ところが、後半になると、現実離れした展開が待ち受けています。
ネタバレになるので、具体的な展開を書くのは控えておきます。

ポイントとなるのは、「現実離れした展開」です。
「現実離れ」というよりは、「ファンタジック」です。
ずっとリアリティーのある小説だったはずなのに、後半は非現実的な出来事が起こります。
例えると、推理小説の謎解きで、「トリックは超能力でした」と告げられたようなものです。
「キュンとくる恋愛小説だったら、そんなの気にしない」と思うアナタは、読んでみてください。
非現実的な展開は「興ざめするから嫌だ」と思うアナタは、他の本を探してください。
私は、どちらかといえば、やや後者寄りのため、ちょっとスッキリしない読後感でした。

ちなみに、この本(?)で最も優れているのは、ポップでしょう!!
「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」
何人がこのキラーポップに踊らされたことか。
ひらめいた人は天才ですね。


<後日追記>

2013年10月に東宝系で映画化が決定したそうです。
嵐の松本潤と上野樹里が主演です!



送料無料で家にいながら、「陽だまりの彼女」を注文するなら、こちら










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック