おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


池袋ウエストゲートパーク
2009年06月06日 (土) | 編集 |
評価☆
「池袋ウエストゲートパーク」
石田衣良 著

単行本:文藝春秋(1998年9月)
文庫本:文春文庫(2001年7月)



第36回オール読物推理小説新人賞
テレビドラマ化(主演:長瀬智也)
マンガ化(ヤングチャンピオン連載終了)


【池袋ウエストゲートパークの紹介】

主人公・誠は高校を卒業したばかりの少年。
池袋の少年たちの中心的な存在です。

ある日、誠のグループの少女が殺害されます。
誠は池袋の若者を総動員して、犯人を追い詰めていきます。

いくつもの事件を解決するうちに、誠は池袋のトラブルシューターと見られるようになります。
そして、また新しいトラブルが・・・


【感想】

読後にイメージがガラリと変わることがあります。
「池袋ウエストゲートパーク」もそんな1冊でした。

自由奔放な若者たちの青春小説(しかも犯罪色の濃い)。
背表紙の紹介文を読むと、大体の内容は想像できます。
不愉快な気分になりそうな小説だと感じました。
だから、長い間、読む気になれずにいました。

読み始めたキッカケは、この本しか手元になかったからという単純な理由でした。
「嫌気がさしたら、すぐにやめよう」と思いながらページをめくりました。
気が付けば、残りページが少なくなることを悲しく思う自分がいました。

確かに、深夜にたむろするような若者を描いているのですが、何かが違うのです。
それはエンターテイメント性に優れたストーリーと主人公造形だと思います。

主人公は、探偵であり、街の顔であり、一匹狼であり、正義であり、犯罪者でもあります。
トラブルを解決していく主人公は、まるで外国映画のヒーローのようです。

きっと、不良少年が嫌いな大人も満足させられる小説だと思います。


【関連商品】
1,単行本   2,文庫本  
   


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。