おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
チーム・バチスタの栄光
2009年05月12日 (火) | 編集 |
評価☆
「チームバチスタの栄光」
海堂尊 著

単行本:宝島社(2006年2月)
文庫本:宝島社文庫(上・下巻)(2007年11月)



第4回このミステリーがすごい!大賞受賞

映画化「チーム・バチスタの栄光」(竹内結子、阿部寛主演)


【 「チーム・バチスタの栄光」の紹介 】

大学付属病院の窓際講師・田口に病院長より特命が出ます。

それは、天才医師を擁する心臓移植チームによる原因不明の術中死の調査でした。


心臓移植チームは、チーム・バチスタと呼ばれ、難易度の高い手術を連続で成功させていたのです。

しかし、術中死が立て続けに起きてしまいます。

早速、田口はチーム・バチスタのメンバーの聞き取り調査を開始します。


なぜ、術中死は起きてしまったのか?

なぜ、窓際講師に特命が下ったのか?


医療現場を舞台としたミステリーのベストセラーです。


【感想】

序盤は大学病院の組織構造が巧みに描かれています。

大学病院という特殊な組織における些細な「駆け引き」や「権力闘争」が興味深いものです。


物語が動き出すのは、文庫本でいえば「下巻」から。

田口のパートナーともいえる強烈な個性をもった助っ人が登場します。

スリリングな展開は、ページをめくる手のスピードを速めます。


ミステリーとしての楽しみがあり、大学病院と医療現場を知ることができ、論理的な思考を刺激する作品です。


続編には「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの憂鬱」があり、この作品が気に入れば、楽しみをもう少し継続させることができます。


ちなみに、映画では田口役(原作は男性)を竹内結子が演じます。


【この本の関連商品】


1,単行本+文庫本
   

2,DVD




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック