おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕の生きる道
2009年05月09日 (土) | 編集 |
評価△
「僕の生きる道」
橋部敦子 著

単行本:角川書店(2003年3月)
文庫本:角川文庫(2004年5月)



2003年ドラマ「僕の生きる道」ドラマ(主演:草薙剛)のノベライズ


【 「僕の生きる道」の紹介 】

中村秀雄は28歳の生物教師。

ある日、突然、余命1年を宣告されてしまいます。

秀雄は、残された1年を精一杯生きようと考えます。

人の顔色をうかがってばかりの性格が変わりはじめます。

突如、変わっていく秀雄に、同僚のみどりは惹かれていきますが・・・


【 感想 】

今、世間をお騒がせ中のSMAP草薙剛が主演の「僕の生きる道」のノベライズです。

ドラマは回を重ねるごとに視聴率を伸ばし、大ヒットしました。

「世界に一つだけの花」の大ヒットは、このドラマの影響力があったといえます。


ノベライズの評価は、感動させられる一方で、どこか冷めた目で見てしまいます。

それは、ご都合主義のように物語が進行するからです。

わずかな期間で、恋愛が成就し、教師としても成長し、生徒の信頼を集めるようになります。

いくら命をかけたとしても、これほど都合よく物事は運ぶものでしょうか?

それとも、死ぬ気でやれば、このような展開も無理のないことなのでしょうか?


どれだけ、この物語が心に響くのかは、個人差があります。

しかし、改めて「生きること」を考えるキッカケになるはずです。


ちなみに、小説よりドラマの方がこの作品の魅力を感じられると思います。


【 「僕の生きる道」の関連商品 】

1,単行本+文庫本
   

2,テレビドラマDVD+主題歌
   





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。