おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クレイモア
2009年05月02日 (土) | 編集 |
評価☆☆
「クレイモア」 (1~16巻まで、以下続巻)
八木教広 著

集英社ジャンプコミックス



2007年4月「クレイモア」アニメ化


【本の紹介】

人間を捕食する妖魔が跋扈する世界。

人々は妖魔の存在におびえながら暮らしています。

妖魔に対抗できる唯一の存在がクレイモアと呼ばれる女戦士たちです。

クレイモアは、妖魔と戦える力とスピードを手に入れるため、半人半妖となった者です。

しかし、妖魔よりも強いクレイモアにも限界があり・・・


【感想】

当初は月刊少年ジャンプに掲載。

同誌の休刊により、一時期は週刊少年ジャンプでの月一連載となりましたが、ジャンプスクエアで連載復活となりました。

現在、ジャンプスクエアの看板マンガのひとつです。


ワンピースやNARUTOなどの週刊少年ジャンプのエースほど知名度はありません。

しかし、これらを凌駕する面白さだと思っています。


長期連載マンガによくあるパターンで、初期の1~3巻頃までは画力も安定しておらず、ストーリーも盛り上がりに欠けます。

途中で投げ出さずに3~4巻まで読んでください。

また、著者の前作「エンジェル伝説」が面白くなかったからといって、食わず嫌いにならないで下さい。

全巻大人買いしても、損はしません!!


内容は、ほぼバトルです。

クレイモアの女戦士たちが多数登場します。

彼女たちには、強さを表すナンバーが与えられています。

一部ファンからは「格付けする女たち」とも言われています。

妖魔と戦う展開は、「ベルセルク」を連想させますが、「ベルセルク」ほどグロテスクで鬱な展開ではないため、安心して読めます。

今すぐ本屋かネットで注文しましょう。


【関連サイト】

クレイモア公式サイト

クレイモアアニメ版公式サイト


【この本の関連商品】

コミックス   DVD初回限定盤
   





コメント
この記事へのコメント
クレイモア好きです
こんにちは。一般の書籍と同列に「クレイモア」を紹介している記事をはじめてみつけて、思わずコメントしてしまいました^^。

漫画オタクじゃない方にも、この漫画はぜひ読んで欲しいですよね!
人生の意味を、いろいろと考えさせる良い本だと思います。
2010/09/15(水) 10:50:57 | URL | ダナエ #buI3a3AE[ 編集]
Re: クレイモア好きです
コメントありがとうございます。
クレイモアの面白さを共有できる方がいて、うれしいです。

なぜ、人気が爆発しないのか不思議で仕方ないくらいです。
ブ○ーチあたりよりも、面白いと思うのですが。

人生というか、生きることも考えさせられますもんね。
これからの展開も楽しみです♪
2010/09/15(水) 19:57:07 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。