おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
一瞬の風になれ
2009年05月01日 (金) | 編集 |
評価☆
「一瞬の風になれ」 (全3巻)
佐藤多佳子 著

単行本:講談社(2007年4月)



・第28回吉川英治文学賞受賞
・2007年本屋大賞受賞
・2008年フジテレビ4話連続ドラマ「一瞬の風になれ」(主演:内博貴)


【本の紹介】

主人公の神谷新二は、中学までサッカーに明け暮れた毎日でしたが、自分の才能に限界を感じ、高校では陸上部に入部します。

俊足な新二は、短距離を選びます。

一方、新二と同じ高校に入学した一ノ瀬連は、中学時代に全国大会で入賞するほどのスプリンターです。

2人は仲間たちと共に、4×100mリレーでインターハイを目指し、青春を陸上に捧げます。

挫折や悲しみを乗り越えて、疾走する少年たちの高校3年間の物語です。


【感想】

2007年本屋対象に選ばれたこともあり、どこの本屋でも平積みされていました。

著者が実際に高校陸上部まで何度も取材したことも有名です。


少年たちの3年間をしっかりと描くためには、1巻で足りるはずもなく、3巻のボリュームが必要だったのでしょう。

練習して、試合に出て、また練習して・・・

このマンネリな展開には、ちょっとダレてしまいます。

作中で起こる出来事も月並みです(ネタバレになりますので秘密にしますが)。

それでも、最終巻まで読破しました。

まるで自分が陸上部に入部しているような気分に浸れたからだと思います。

ゴムチップの競技場が懐かしく思える陸上経験者なら、絶対にハマリます。


もし、この小説が気にいったのなら、川島誠「800」を読んでみてください。



「一瞬の風になれ」が健全な陸上小説としてら、「800」は不良な陸上小説と勝手に位置付けています。


【この本の関連商品】

1,単行本
      




コメント
この記事へのコメント
800は僕も読みました。
この本のブックレビューを書いているので
良かったら遊びに来てください。
2009/10/28(水) 01:52:12 | URL | 本屋に5時間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック