おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊賀の影丸
2009年04月23日 (木) | 編集 |
評価☆☆
「伊賀の影丸」
横山光輝 著

コミック:秋田書店(全15巻)
文庫本:秋田文庫(全11巻)




【本の紹介】

江戸幕府の公儀隠密である伊賀忍者は、江戸幕府を裏の世界から守っています。

主人公の影丸は、少年ながら、凄腕の伊賀忍者です。
得意の木の葉隠れの術で、敵対する忍者を倒していきます。

巨匠・横山光輝の「鉄人28号」「バベル2世」「三国志」と並ぶ大傑作です。


【感想】

今から40年以上前のマンガです。
それなのに、面白い!シンプルに面白い!!

登場する忍者は、それぞれに違う特技を持っています。
火を操る忍者、身体が堅い忍者、幻術使いの忍者・・・
忍者同士の戦いは、現在の人気マンガの先駆けともいえます。
例えば、「ジョジョの奇妙な冒険」のスタンドや「ワンピース」の悪魔の実の能力などなど。

ストーリーは、勧善懲悪です。
現在のマンガのように、登場人物の深い深層までは、描かれていません。
派手なコマ割りもありません。
ちょっと物足りないかもしれませんが、影丸がきっかけで忍者マンガにハマってしまうかもしれません。


【この本の関連商品】

1,コミック


2,文庫本









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。