おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三国志
2009年04月21日 (火) | 編集 |
評価☆☆
「三国志」
吉川英治歴史時代文庫
吉川英治 著

講談社文庫:全8巻




【本の紹介】

中国では後漢の時代、政治の腐敗し、民衆は苦しんでいました。
やがて、民衆は「黄巾の乱」とよばれる中国全土におよぶ大乱を起こします。

後漢の霊帝は、張角をはじめとするの反乱軍の討伐に乗り出します。
大将軍の何進に大軍を与え、張角を追い詰めていきます。

一方、漢王室の末裔である劉備は、「桃園の誓い」で関羽と張飛のふたりと義兄弟の契りを交わします。
劉備は義勇軍を立ち上げ、名を上げました。

後漢は各地で黄巾賊を打ち破り、大乱の平定を成し遂げます。
しかし、大乱は後漢を衰退させ、各地に武装化した勢力を台頭させることになるのです。

中国は群雄割拠の時代へと突入していきます。


【感想】

いわずと知れた魏・呉・蜀の「三国志」。
「赤壁の戦い」にスポットをあてた映画レッドクリフが話題です。
映画を見て、「三国志」を読むきっかけとなった人は幸運です。
これから8巻分のボリュームを堪能できるのができるのですから。

「三国志」を子どもの頃にマンガや児童文庫で読んだ人も多いはずです。
ストーリーの結末も、「桃園の誓い」や「三顧の礼」といった一大イベントも、三国志ファンなら誰もが知っていることでしょう。
ですが、「三国志」には数多くの感動的なイベントが散りばめられています。
知らなかったエピソードと出会えるかもしれません。

そして、ストーリーが分かっていても、楽しさが薄れることはありません。
むしろ、お馴染みの武将の登場が登場するたびに、テンションがあがります。

劉備、曹操、孫権、関羽、張飛、趙雲、呂布、孔明、周瑜・・・

魅力的な武将たちがあなたとの出会いを待っています。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。