おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DIVE!!
2009年04月16日 (木) | 編集 |
評価☆
「DIVE!!」
森絵都 著

単行本:講談社 全4巻
文庫本:角川文庫 上下巻




【本の紹介】

「飛込み競技」にすべてをかけた少年たちの物語です。

主人公の知季が通うダイビングクラブには、存続の危機が訪れていました。
クラブが存続するには、所属選手がオリンピックに出場することが条件です。
遥かに遠い目標に思えますが、選手層の薄い飛込みなら、知季にとっても可能性はゼロではありません。
女コーチの夏陽子から指導を受けながら、知季はオリンピックを目指してハードな練習に取り組んでいきます。

そんな知季の前に、豪快なダイブが持ち味の少年・飛沫が現れます。
さらに、飛込み界のサラブレットといわれる要一。
ライバルの存在により、知季は飛躍的な成長をみせます。

少年たちは、高さ10mの飛込み台から水面までの1.4秒に青春を捧げていくのです。

第52回小学館児童出版文化賞を受賞しました。
2008年には映画化しました。


【感想】

ただ飛込むだけのスポーツなのに、どうしてこんなに面白いのだろう?
不思議な小説でした。

素人からみると、飛込みは何人もの選手が次々と飛込むだけで退屈な競技に感じます。
興味がなければ、観戦するのも退屈だと思います。
そんな競技をあえて著者は活字にしたのです。
しかも、現実の競技を観戦するよりも、確実に面白いのです。

それには、秘密があります。
秘密とは、少年たち一人ひとりにドラマがあることです。
例えば、知季のライバル・要一は、日本水泳連盟のイメージ戦略に利用されそうになります。
その見返りに、オリンピック代表の座を手に入れるチャンスがありました。
しかし、要一はそのチャンスを蹴飛ばし、自分の実力で代表を掴み取ることを選びます。

少年たちのドラマを知ってるからこそ、楽しむことができるのです。
フィギアスケートであれば、無名選手と浅田真央選手の演技を見るときでは、全く違うテンションになりませんか?

「DIVE!!」では、浅田真央、安藤美姫、キムヨナといった注目選手たちの演技を観戦するような感覚で、知季、飛沫、要一の飛込みを読むことができるのです。
物語で描かれている少年たちの努力や葛藤、恋愛、友情は、飛込みシーンをおいしくするためのスパイスなのです。

「DIVE!!」は「すべてを注いで夢中になれる何か」がほしくなる小説であることをお伝えします。


【この本の関連商品】

1,単行本
         

2,文庫本
   

3,映画DVD


4,コミックス









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。