おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
天地明察 沖方丁
2012年12月26日 (水) | 編集 |
評価☆

「天地明察」
沖方丁 著

角川書店



第31回(2010年) 吉川英治文学新人賞受賞
第7回(2010年) 本屋大賞受賞

2012年映画化(主演:岡田准一、宮崎あおい)


【天地明察の紹介】

江戸時代―

渋川春海は、碁打ちの名家でありながら、算術好きな青年でした。
早朝から算術を求めて市中をめぐるほど夢中になっていました。

いくら算術が好きとはいっても、本職は江戸城に詰める碁打ちです。
老中などの権力者と碁を打つことも少なくありません。

ある日、春海は老中と碁を打っている最中に、ある任務を命じられます。
それは天体観測の旅に出ることでした。
やがて、春海は歴史的な偉業に取り組むことになるのです。


【天地明察の感想】

この本は算術好きな男の話だろうか?
いやいや、囲碁の話だろうか?
そう思いながら読み進めていくと、それは違うのだと気付かされます。
テーマは暦なのです。

暦といえば、何月何日というカレンダーでおなじみです。
しかし、1年365日を解明したのは誰なのか?ということには、普段は目を向けません。
江戸時代には現代のような精密な暦が存在していませんでした。
主人公の春海は、精密な暦を創り上げる壮大な事業に取り組んでいくのです。

「暦になんて興味はない」というのが正直な気持ちでした。
むしろ、算術の話の方が良かったと思ったくらいでした。

ところが、意外と面白いのです!
時代小説というよりも、これは渋川春海という人物の伝記でもあるからです。
一大事業を成し遂げた偉人の人生を味わえるのですから、面白いのも納得です。

ただし、「天地明察」は相当の批判も受けている本です。
批判の対象は、算術に関する記述です。
専門家から見れば、突っ込みどころが多いようです。
普通の読書レベルでは全く気になりません。
それなりに数学の知識がある方は寛大な気持ちで読みましょう。



文庫本の「天地明察」はこちらから送料無料で購入できます







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック