おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神 水野敬也
2013年01月04日 (金) | 編集 |
評価△

「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」
水野敬也 著

飛鳥新社




【夢をかなえるゾウ2の紹介】

ベストセラー「夢をかなえるゾウ」の続編です。

今回、ガネーシャがターゲットとしたのは、売れない芸人です。
(前作の主人公とは別人です)
この芸人は会社を辞めて8年も芸人を続けていたのに芽が出ません。
しかも、貧乏神がついていたのです。
ガネーシャは、芸人とコンビを組んで、コントのグランプリを目指していきます。


【夢をかなえるゾウ2の感想】

本屋の新刊コーナーに、なんとなく見覚えのある表紙を見つけました。
小さく描かれたゾウの絵を見て、ピンときました。
あの「夢をかなえるゾウ」のガネーシャのイラストではないですか!

年末のこの時期に続編が出るとは予想外でした。
「期待外れかもしれない」「単行本は高いな」と迷いながらも思い切って購入しました。

前作は自己啓発のノウハウを詰め込むというアイデア要素の強い作品でした。
「夢をかなえるゾウ2」もこの流れを継承しています。

しかし、前作と比較すると、自己啓発の色合いは薄くなっています。
お笑いと恋愛を軸とした普通の小説に近い形です。
著者は相当なお笑い好きなのでしょうね。
物語の中では、自らお笑いの台本まで作って披露しています。
厳しい見方をすると、オヤジギャグ小説…

成功の道を歩んで行く主人公に自己投影しようとすると、物足りないと感じます。
とは言いながらも、自己啓発が全く含まれてない訳でもありません。
例えば、「受け取ること」の大切さも書かれています。

なお、今回はガネーシャの他に、貧乏神、釈迦、死神が登場します。
特に、サブタイトルにも名前が出ている貧乏神は、重要な役を担っています。
もしかすると、著者はシリーズ化を狙っているのではないでしょうか?
例えば、「夢をかなえるぞう3 ガネーシャと女神様」とか。

前作がおもしろいと感じて、軽い読み物をお探しでしたら、ちょうど良いかもしれません。
強く推薦しませんが、無難に楽しめると思います。


【前作「夢をかなえるゾウ」について】



前作の紹介はこちらから!








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。