おもしろい本やマンガ、役立つ実用書を探して本屋を歩き回っていませんか?もうそんな必要ありません!!みなさんが選ぶ最強に面白い1冊を紹介するコーナーもスタート!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総門谷
2009年07月14日 (火) | 編集 |
評価☆
「総門谷」
高橋克彦 著

単行本:
文庫本:講談社文庫(1989年)




【総門谷の紹介】

1986年、岩手県で相次いでUFOが目撃されます。
UFO事件をめぐっては、謎の焼死体が発見され、自殺者までも出てしまいます。
その舞台裏では、謎の組織が見え隠れしていました。

南アメリカから帰国した主人公の顕は、超能力を駆使して、謎の組織に迫ります。
顕の前に立ちはだかるのは、歴史上の有名人物たちでした。
恐るべき敵との壮絶な戦いが始ります。


【総門谷の感想】

このサイトは、いくつかの本を紹介したくて開設しました。
その中の1冊が「総門谷」なのです。

特徴はド迫力の厚さです。
なんと、普通の文庫本の2冊分の778Pが一冊になっているのです。

外見に負けず、中身も恐ろしく濃厚です。
UFO、超能力、アトランティスの遺産、クローン人間・・・
伝奇小説が好きな人であれば、興奮を抑えきれないワードが続出します。
まさに、伝奇小説のオールスターです!

ワクワクが最高潮に達するのは、意外にも物語の序盤です。
不可思議な現象が起こり、謎の組織が暗躍している。
国家レベルの関与も感じられる。死者も出る。
次第に、本から離れられなくなってしまいます。

半村良が好きな人は、間違いなくビンゴです!
こんなにも面白い本をなぜ今まで紹介しなかったのか?
万人受けしないからです。
超常現象に興味がなく、超能力やUFOと聞くと鼻で笑ってしまう人にとっては、単なる胡散臭い小説と感じるでしょう。
「バカバカしいと思っている人」にとって、分厚い本を読破することは困難です。

素晴らしい伝奇小説なのですが、個人的な不満をひとつ。
歴史上の偉人が登場するのですが、彼らはとても器が小さく、あっけなく敗れてしまいます。
せっかくの材料が台無しです。
そのため、やっつけ仕事のような戦いが繰り広げられ、新鮮さがありませんでした。
非常に惜しいです!

この本こそ映画に向いていると思います。
ハリウッドに売り込みしてはいかがでしょうか?


【続編も紹介】

続編として、「阿黒篇」「鵺篇」「小町変妖篇」「白骨篇」があります。

  

物語の舞台は現代から過去にさかのぼります。
「総門谷」の登場人物の先祖らしきキャラが活躍します。
歴史が要素に加わることから、期待していたのですが、残念な結果に終わってしまいました。

決して面白くないという訳ではありません。
「総門谷」のインパクトが大きすぎて、比較すると、遠く及ばないのです。
やはり、初代「総門谷」は偉大です。






スポンサーサイト

封神演義
2009年04月18日 (土) | 編集 |
評価☆☆
「封神演義」
安能務 訳

講談社文庫(上・中・下巻)




【本の紹介】

「封神演義」は「西遊記」とならぶ怪奇小説として有名な作品です。
しかし、日本では週刊少年ジャンプにマンガとして掲載されるまで、あまり知られていませんでした。
そんな無名時代に「封神演義」を浸透させていったのが、安能務の訳本です。

中国が商末期の物語です。
三国志よりも昔の時代です。
当時、世界は人界と仙界に分かれていたという設定です。

作中では、人間と仙人が入り乱れて登場します。
人界では、商の皇帝・紂王が暴政をふるっていました。
もともとは名君であった紂王は、女狐の化身である妲己によって、暴君に変えられてしまったのです。
酒池肉林に溺れ、諫言する家臣を次々と処罰する紂王に対して、反乱の機運が高まっていきます。

一方、仙界の姜子牙(太公望)は人界に下り、商を倒そうとする周の文王を助けることになります。
仙人たちの秘密兵器が飛び交う激戦の幕開けです。


【感想】

「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」が大好きな方々に朗報です。
「封神演義」は、これらに劣らぬ面白さをもつ超傑作です。

「封神演義」の大戦争は、仙界の争いが人界に持ち込まれたものです。
正史の革命に、仙人の戦争がプラスされたことが面白さの秘訣だと思います。

見所は、秘密兵器をもつ仙人たちの活躍です。
「西遊記」での孫悟空と妖怪たちの戦いを連想させます。
また、「水滸伝」のように魅力的なキャラクターが多数登場します。
さらに、「三国志演義」のように陰謀策略が渦巻いています。

「西遊記」+「水滸伝」+「三国志演義」のような小説になっています。
これは面白くないわけがありません。
中国古典が好きなら、きっと楽しめると思います。


【封神演義に関するリンク】

封神演義の紹介サイト

マンガ「封神演義」の公式サイト


【封神演義の関連商品】

1,文庫本
      

2,封神演義の情報本
         

3,マンガ版
         








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。